2012年09月17日

敬老の日LIVE終了!

まずは、今回のLIVEも無事終了しました!
良かったー! ^o^ノ

今回は珍しく週末のLIVEで、しかも連休初日(前日)なのでお客さんも来やすいかと思って決定したのですが・・・
逆に皆さん予定入りまくりで(^o^;)、もしかしてお客さん来ないかも?!  失敗したかも?!!!!
って感じで、始まる前からもうドキドキでしたー!
ちょうど日野ではお祭り日で、地元の共演者の方も友人達はお祭りへ〜〜・・・って...

でも、来ていただけました! 三日月
ご年配の方もいらしていただけて、今回は敬老の日の特別セット、題して「HARVEST SET」でしたので、頑張りがいもありました!
お店にいる皆で楽しく過ごせたと思います。^o^
この場を借りて、改めて「皆様、ありがとうございました」

次回は11月14日にいつもの吉祥寺で予定してますが、何とか新曲を間に合わせたいー!
いい曲が出来上がるといいな...。
こればっかりは、できてみないとわっからない〜〜!w
淡谷さんの言うとおり、本当は新曲は3年寝かさないと(熟成させないと)、本当にいい感じには歌えないってのはありますが...。
納得いくまで歌うしかないですね。^o^;

まあ、とにかく!
一つ一つのLIVEを大事にしてるので、一つ終わったらそれを土台にして、次へ〜という感じで。
さて次はどんなSETにしようかなあ。←(今、ココ)w

100%音楽だけに集中できると幸せかもですが、そんな時間はほんの少しだけで、一区切りするといろいろ入り交じった日常がまた再開しちゃいます。
いろいろあっても、そういうものを何でもかんでも吸収して、別の何かに変換できるといいなって思ってます。
年を重ねる中で、少しは賢くなったりして、自分に合ったやり方を身につけていけるんですよね。
でないと、やり切れない事って山ほどありますし。^o^;

だから、すごく若い時には戻りたくない!w
人生、どのくらいまで来たのかわからないけど、できるだけ充実した年月を過ごしていきたいものです。 ^o^ノ
そして、しぶとく!! 三日月

追記:
今回の自分のお疲れ会は、31のアイスクリーム!
ちょうどセールだって知ってたから、LIVE終わったら絶対食べてやるー!って誓ってました。w
いつものナッツトゥユーに、季節モノのチョコレートラズベリートリュフとマジカルミントナイト!
次はピスタチオスクリームを試してみる予定。w

次のLIVEまでにちょっと(?)シェイプUPしたいところですが・・・。まあまあw
マジカルミントナイトはちょっと甘いけど、ナッツやチョコ好きな人は上の組み合わせはお勧めです! 三日月三日月三日月
posted by moonmoon at 20:08| Comment(4) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

季節の終わりに・・・

夏、もう終わります!w
やったー!! アッハッハッハ 晴れ
そんでもって、またしても?!ブログをさぼってる間に季節が終わっちゃいましたヨ〜〜〜・・・。

でも今回はしょうがないんですぅ。(自分的には... ^o^;)
ちょっとばかり仕事が増えてしまって、その上周囲の人々が事故やら何やらで更に大変に!
結局、8月なんて最低限の休養しか取れませんでした。
まあ、仕事上だけなので、気力と根性で乗り切りましたが、何しろ連日暑い上に余裕がないもんだから、いつも何だか疲れてる〜〜な感じでした。^o^;

まだまだ日中は30度overしてますが、朝晩は涼しくなってありがたやです。
でも今年の夏もちょっと変でしたね。
ここしばらくの40度近い猛暑にはならなくて、気温的には昔の夏が戻った感じでしたが、全く夕立がなくて夏らしくなかったような気がします。

まあ、ただでさえ暑いのは嫌ですが、暑さ疲れと思考能力が落ちるのも困りモノです。
でも今年は夏ヤセしなかった...。^o^;;;
何だかバナナミルクで乗り切っちゃった感じですー。アハハw
バナナと牛乳と氷のシェイクなんで、ミキサーでもあればすぐ作れて栄養満点!
今回、夏の食料(?w)として大活躍してくれました。(おかげで... ToT)

とにかく!ようやく涼しくなってきたんで、色々と切り替えていきたいところです!
今月は敬老の日にLiveが入ってるので、まずはそれから。 三日月
(日野のSoulKでやるので、良かったら来てね〜! ^o^ノ)
今回は無理だけど、その次のLiveには新曲が間に合うように仕上げたいデス!

周囲の音楽仲間達も、最近またそれぞれ進化していて面白くなってきました。
全然違う事をやってるわけですが、それぞれの道というか、なるようになるというか(w)、頑張れば先へ行けるって事じゃないかなと思います。 ^o^

音楽もそうだけど、何でも好きか嫌いか必要か無用かってだけじゃないかと思うので、いいか悪いかなんてのの客観的な統一見解なんてないんじゃないでしょか。
ただ、価値観が個人によるって事は、モノによってはかなり厳しい事になるのは確かです。
それでもグルメがいない事には、絶品もジャンクフードも大差なくなって、どーでもよくなって人生つまらなくなっちゃうんじゃないかと思います。
モノでも何でも溢れかえってて、かえって見つけ辛くなってますが、いいものを発見できるといいですね。

最近楽しかったモノの一つは、コミックの「宇宙兄弟」。
さすが、モーニング連載のコミックだけあって、いい感触です。w
アニメ化、実写化と大人気ですが、アニメだとユニコーンの曲がバッチリですね。w
なかなかコミックも昔から読んでる作品や作家以外のものを読む余裕がなくて、後手後手ですが、その分まとめて読めるので、まーいいでしょう。
宇宙大好きな「MOON」にとっては、悪意や陰謀渦巻くこのご時世に、ピュアな気分を思い出させてくれる、大好きな作品になりましたー。^o^

ってな感じで、楽しい事がちょっとでもあると何とか頑張れますー!
提供する側の場合だと、それができるといいんですけどねえ。w
まあ、とにかく、やるだけやっていきますよ! 三日月
posted by moonmoon at 20:08| Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

クリエーター 〜作家の訃報など〜

今月レイ・ブラッドベリが亡くなってしまいましたが、TVnewsを見ないせいか情報がいつも遅れてしまいます。(blogもさぼるので更に遅く...)
サリンジャーやダイアナ・ウィン・ジョーンズさんや、他にも好きな作家が近年次々に亡くなって寂しいです。
コミック関連では、和田慎二さんもそうでしたが、昔から慣れ親しんできた方が亡くなると、何とも言えないショックがあります。書き終わらなかった作品もありますし...。

ブラッドベリの有名な作品としては、「華氏451度」や「火星年代記」があります。
残念ですが、本当に沢山の面白い作品を残してくれました。
読みこぼしているものがまだあるので、これからも読めるのはうれしいです。
面白い本は、それこそなくしちゃいけないですね!

ブラッドベリもそうですが、プロットはもちろん、文体が素晴らしかったり面白い作家が好きです。
海外の作者で翻訳本の場合は、翻訳者のセンスにもよりますが、よほどでない限りは原書の力を奪えないと思います。^o^;

厳密にコミックというわけではないですが、漫画やイラストなどをされていたフランスのメビウスさん(ジャン・ジローさん)も今年亡くなってます。
フランスで宮崎駿さんとの二人の個展もされましたが、一般的にはSF映画でそのデザインにふれる事があると思います。(「フィフス・エレメント」「トロン」など)
日本の漫画家やアニメーターが刺激を受けたり(双方向)、様々な交流のあった方でした。
娘さんのお名前がナウシカだというお話は本当のようですね。(笑)


どんな人間もいずれ死んでしまうのは仕方ないですが、ダイアナさんは大好きな作家でしたので、知った時はものすごくショックでした。
新作を楽しみに待っていたところで、出ないなあと思っていたら...。
震災の直後くらいに亡くなったせいか、余計に知るのが遅くなってしまいました。
その後ダイアナさんの米国出版本を手に入れた時に、その記述でわかったような始末で...。

興味深い事に、その本にはウルスラさん(ゲド戦記作者)の長い文章が添えられていました。
宮崎駿監督が、ダイアナさん原作の「ハウルの動く城」の制作中に、ウルスラさんの「ゲド戦記」の監督を断った経緯もあって、アニメーション(宮崎監督)では明暗を分けた二人の原作者でした。
さすがにお二人共(私の!)好きな作家だけあって面白い紹介文でした。(ハリポタとの比較めいた話題がまた皮肉が効いてて!)

そう言えば、以前NHKで放送したドキュメンタリーで、宮崎駿監督とその息子監督のゲド戦記以降〜コクリコ坂〜までの様子がわかるDVDが出たので、見ました。「ふたり コクリコ坂・父と子の300日戦争〜」
ゲド戦記アニメ化ではいろいろありましたし、その後も含めて気になってたので、いろいろわかって面白かったです。
モノ作りをする人はぜひ、ポニョ制作(ゲド戦記)の時のドキュメンタリーと合わせて見てみて下さい。

何かを生み出すという事は、本当に簡単な事じゃないです。
終わりのある事でもないし、やり続けていく中でわかる事ばかりなので、経験が少ないというのは、多少のいい面(知らないが故の純粋なもの等)はあっても、訓練や正に経験が必要な事については厳しいです。

それを生涯まっとうした、面白くて素晴らしい作品を残していってくれた、全てのクリエーターの人達に感謝です!
力のある作品は、視聴者や読者の生きていく力になってくれます。
そんな作品を作る事が、クリエーターの夢でもありますね! 三日月
posted by moonmoon at 22:47| Comment(8) | TrackBack(149) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする